受任してから2か月で示談金額が2倍になった事例

⑴ 被害者の属性

被害者の方は、40代の女性で、専業主婦の方です。

 ⑵ 事故状況

 被害者の方、相手方いずれも四輪車の交通事故でした。被害者の方が乗車していた車両に、相手方が運転していた車両が後方から追突してきた事案でした。

⑶ 傷病名及び後遺障害等級

 被害者の方の傷病名は頚椎捻挫で、後遺障害等級は14級9号の認定を受けていました。

⑷ 相談・依頼のきっかけ

 受傷後、整形外科に通院して治療を続けられてきましたが、保険会社から治療を打ち切られてしまいました。その後、保険会社から示談の提案があったので、この提案内容が妥当な金額か否かが知りたくて、インターネットで交通事故の示談について調べていたところ、当事務所のホームページをご覧になり、当事務所にご相談にお越しになりました。

⑸ 当事務所が受任した結果

 保険会社の提案金額は、既払金の他に140万円を支払う内容でした。
 当事務所が受任して、保険会社と示談交渉したところ、休業損害、傷害慰謝料、後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料が増額し、最終的に既払金の他に280万円の金額(提示金額より140万円増額)で解決することができました。

項目受任前受任後
休業損害 25万円 50万円
傷害慰謝料 40万円 70万円
後遺障害逸失利益 35万円 50万円
後遺障害慰謝料 40万円 110万円
合計 140万円 280万円

 当事務所が受任し保険会社と示談交渉をした結果、当初提示額から140万円(140万円 → 280万円)増加することができました。

* 金額について
1万の単位の数字が0か5になるよう、編集しています。

⑹ 解決のポイント

 ① 保険会社の提案内容は、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の合計金額が約75万円に近い金額でした。
 後遺障害14級の認定を受けた場合、自賠責保険から75万円を受け取ることができるので、保険会社の提示額は、自賠責保険の保険金額とほぼ同じであり相当低額な提案内容でした。

受任してから約2ヶ月で解決できた事案です。示談交渉で解決する場合には、この事案のように比較的時間がかからない場合も多いです。

(7) コメント

 保険会社が14級9号の後遺障害が認定された方に対して提示する示談内容ですが、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の合計金額が75万円に近い額であることが多くあります。75万円に近い金額である理由は、後遺障害14級の認定を受けた場合の自賠責保険の保険金額が75万円であるからです。

 弁護士が保険会社と示談交渉をする場合には、自賠責保険の保険金額の基準ではなく、それよりも高額になる裁判基準によって損害額を算定して、保険会社と示談交渉をするので、示談金額が、保険会社の提示金額よりも大幅に増加することがあります。

 保険会社から送られてくる書類にそのままサインして示談するのではなく、まずは、当事務所にご相談下さい。

解決事例の最新記事

  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 相談料・着手金無料交通事故のご相談 077-569-5155 受付:平日9:30-18:30 メール相談はこちら

    弁護士費用の関与

    弁護士費用特約の活用方法

    むち打ち損傷の被害に遭われた方へ

    骨折の被害に遭われた方へ

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU

    CONTENT MENU
    〒525-0032
    滋賀県草津市大路1丁目15番5号
    ネオフィス草津5階
    大津法律事務所

    アクセスはこちら

    • 大津法律事務所 OFFICIAL SITE 事務所サイトはこちら