交通事故問題解決のポイント

1弁護士に相談するタイミング

resize0003交通事故の問題を適切に解決する最大のポイントは、できるだけ早く弁護士に相談することです。

なぜ早い段階で相談を受けることを勧めるかと言いますと、以下の理由があるからです。

①    後遺障害診断書作成前であれば、被害者の方と同行して主治医と面談をしたり、どのような検査をしてもらえばいいかについてアドバイスをすることができ、より適切な後遺障害認定が受けられる可能性が高まります。

②    不適切な治療を受けて示談交渉・裁判の際に問題になることを防げます。

③    早い時期に今後の流れ(いつ頃から示談交渉をするか、どのようなことを相手方に請求できるかなど)を知ることにより、安心して治療を受けることができます。

>> 詳しくはこちら

 

2 賠償金計算における3つの基準

交通事故の示談交渉は、事故で生じた損害賠償額を話し合いで決めることですが、この損害賠償額を算定する基準として①自賠責基準、②任意保険の基準、③裁判所基準の3つあります。この3つの基準のうち、どの基準を用いて損害賠償額を算定するかによって、賠償金額が大幅に異なります。

>> 詳しくはこちら

 

3 損害項目

交通事故の示談交渉では、保険会社から示談金を提示してきます。
示談金は、各損害項目を計算して算出致します。

従いまして、保険会社の提示金額が適正なのかどうかは、各損害項目の理解が不可欠となります。各損害項目の算定には複雑な法的知識が必要になる場合もあるので、弁護士に示談書を見せて、提案額が適切か否かについてご相談されることをお勧めします。

>> 詳しくはこちら

 

4 過失割合・過失相殺とは?

過失割合とは、加害者、被害者との間の損害分担を決めるものです。

被害者にも過失があれば、その過失割合分だけ加害者に対して損害額を請求できなくなるので、過失割合・過失相殺の問題は、示談交渉・裁判において非常に大きな問題になります。

過失割合についても、納得がいかない場合は、専門家である弁護士にご相談ください。

>> 詳しくはこちら


  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 相談料・着手金無料交通事故のご相談 077-569-5155 受付:平日9:30-18:30 メール相談はこちら

    弁護士費用の関与

    弁護士費用特約の活用方法

    むち打ち損傷の被害に遭われた方へ

    骨折の被害に遭われた方へ

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU

    CONTENT MENU
    〒525-0032
    滋賀県草津市大路1丁目15番5号
    ネオフィス草津5階
    大津法律事務所

    アクセスはこちら

    • 大津法律事務所 OFFICIAL SITE 事務所サイトはこちら