せき柱の後遺障害

1 せき柱の構成

脊柱は、頭側から頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨から構成されています。

頚椎には7個、胸椎には12個、腰椎には5個の合計24個の椎骨が、椎骨と椎骨との間に椎間板を挟んで連なっています。

2 後遺障害

脊柱の障害は、変形障害と運動障害に分けられます。
   
変形障害は、「脊柱に著しい変形を残すもの」(6級5号)、「脊柱に中程度の変形を残すもの」(8級の相当等級)及び「脊柱に変形を残すもの」(11級7号)の3段階で認定します。
 
運動障害は、「脊柱に著しい運動障害を残すもの」(6級5号)、「柱に運動障害を残すもの」(8級2号)で認定します。


  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 相談料・着手金無料交通事故のご相談 077-569-5155 受付:平日9:30-18:30 メール相談はこちら

    弁護士費用の関与

    弁護士費用特約の活用方法

    むち打ち損傷の被害に遭われた方へ

    骨折の被害に遭われた方へ

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU

    CONTENT MENU
    〒525-0032
    滋賀県草津市大路1丁目15番5号
    ネオフィス草津5階
    大津法律事務所

    アクセスはこちら

    • 大津法律事務所 OFFICIAL SITE 事務所サイトはこちら