骨盤の後遺障害

1 骨盤の構成

骨盤とは、仙骨及び尾骨と左右の寛骨でできています。そして、寛骨は腸骨、恥骨、及び坐骨が融合しています。

2 後遺障害

①「骨盤骨に著しい変形を残す」(12級5号)ものであれば、12級が認定されます。

②体管骨に変形を残すと、その部位に局部的な神経症状が生じることがあるので、末梢神経障害により後遺障害認定される可能性があります。

③骨盤骨の変形によって、下肢そのものには何らの異常が認められないが、下肢を短縮したのと同じような後遺障害が残ることがあります。この場合は、下肢が短縮した場合の後遺障害も問題になります。


  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 相談料・着手金無料交通事故のご相談 077-569-5155 受付:平日9:30-18:30 メール相談はこちら

    弁護士費用の関与

    弁護士費用特約の活用方法

    むち打ち損傷の被害に遭われた方へ

    骨折の被害に遭われた方へ

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU

    CONTENT MENU
    〒525-0032
    滋賀県草津市大路1丁目15番5号
    ネオフィス草津5階
    大津法律事務所

    アクセスはこちら

    • 大津法律事務所 OFFICIAL SITE 事務所サイトはこちら