鼻の後遺障害

1 鼻の後遺障害の認定基準

鼻の後遺障害については、後遺障害等級表には、以下の障害のみが定められているだけです。

等級 認定基準
9級5号  鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの

「鼻の欠損」とは、鼻軟骨部の全部又は大部分の欠損のことをいいます。また、「機能に著しい障害を残すもの」とは、鼻呼吸困難又は嗅覚脱失のことをいいます。
 
鼻の欠損が鼻軟骨部の全部または大部分に達しないときであっても、これが外貌醜状の後遺障害に該当することがあります。

2  鼻の欠損を伴わない機能障害

後遺障害等級表では、鼻を欠損しないで鼻の機能障害のみを残すものについては、同表に定められていないので、その機能障害の程度により、以下のとおり相当等級として後遺障害を認定することになります。

等級 認定基準
12 級相当  嗅覚脱失又は鼻呼吸困難が存するもの
14 級相当  嗅覚の減退のみが存するもの

3  鼻の後遺障害の留意点

鼻の後遺障害においても、鼻の外傷によって後遺障害を負ってしまう場合もありますが、交通事故による頭部外傷が原因となり、嗅神経に影響が発生し、鼻の後遺障害を負ってしまう場合もあります。

そのため、鼻の後遺障害においては、耳鼻科のみならず、神経内科や脳神経外科で診察を受けることが必要な場合があります。


  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 相談料・着手金無料交通事故のご相談 077-569-5155 受付:平日9:30-18:30 メール相談はこちら

    弁護士費用の関与

    弁護士費用特約の活用方法

    むち打ち損傷の被害に遭われた方へ

    骨折の被害に遭われた方へ

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU

    CONTENT MENU
    〒525-0032
    滋賀県草津市大路1丁目15番5号
    ネオフィス草津5階
    大津法律事務所

    アクセスはこちら

    • 大津法律事務所 OFFICIAL SITE 事務所サイトはこちら