むち打ち損傷

1 むち打ち損傷

むち打ち損傷とはどういうものかと言いますと、事故により頚部が過伸展、過屈曲したむち打ち運動後に生じた損傷のことをいい、受傷のされかたを意味するものです。難しい言葉で言いますと受傷機転を示す用語に過ぎません。

むち打ち損傷が診断書にどのような傷病名で記載されているかといいますと、頚椎捻挫、頚部挫傷、外傷性頚部症候群、外傷性頭頚部症候群など様々な傷病名が付されています。

 

2 むち打ち損傷の症状

では、むち打ち損傷の被害を受けた方が訴える症状(愁訴)はどのようなものがあるかについてですが、主として頚部痛、頚部の不快感、上肢・下肢のしびれや脱力を訴えますが、頭痛、めまい、耳鳴りなどの自覚症状を訴える方もいます。

  


  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 相談料・着手金無料交通事故のご相談 077-569-5155 受付:平日9:30-18:30 メール相談はこちら

    弁護士費用の関与

    弁護士費用特約の活用方法

    むち打ち損傷の被害に遭われた方へ

    骨折の被害に遭われた方へ

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU

    CONTENT MENU
    〒525-0032
    滋賀県草津市大路1丁目15番5号
    ネオフィス草津5階
    大津法律事務所

    アクセスはこちら

    • 大津法律事務所 OFFICIAL SITE 事務所サイトはこちら