Q.後遺障害はどのような手続で認定されるのですか。

ご相談内容

後遺障害はどのような手続で認定されるのですか。

回答

 主な後遺障害認定手続は2つあります。1つ目は「被害者請求」という手続です。2つ目は「事前認定」という手続です。

 まず、1つ目の「被害者請求」について説明していきます。この手続は、被害者が自賠責保険の直接請求権を行使して損害賠償の行使をする手続で、この請求権の額を判断するために後遺障害認定が行われというものです。

 次に、2つ目の「事前認定」について説明していきます。この手続は、任意保険会社が、加害者の示談代行制度により被害者と示談交渉をしますが、自賠責保険から支払われる金額を予め知らないと、円滑な示談交渉ができないので、任意保険会社の依頼に基づいて後遺障害認定が行われるというものです。

 後遺障害は、後遺障害等級表に定められています。この後遺障害等級表には、後遺障害が最重度の1級から最軽度の14級まで14段階で格付けされています。後遺障害に認定されるかどうかは、提出した後遺障害診断書・診断書・レセプト等に基づいて、後遺障害等級表に定められた内容の後遺障害が残存しているかどうかが判断されます。

 後遺障害は、提出した資料に基づいて判断されるため適切な後遺障害診断書や検査結果を記載した診断書を提出した方がより適切に後遺障害が認定される可能性が高まります。また、例えばむち打ち損傷による末梢神経障害では、治療経過も判断要素になるため、本来認定される可能性が高い被害者の方でも、治療経過が悪くて、後遺障害の認定を得るのが困難な場合があります。

 当事務所では、より適切な後遺障害の認定を受けられよう、受傷直後からの相談も受け付け、後遺障害認定のサポートもしています。交通事故により受傷された方は、まずは、当事務所にご相談下さい。


  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 相談料・着手金無料交通事故のご相談 077-569-5155 受付:平日9:30-18:30 メール相談はこちら

    弁護士費用の関与

    弁護士費用特約の活用方法

    むち打ち損傷の被害に遭われた方へ

    骨折の被害に遭われた方へ

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU

    CONTENT MENU
    〒525-0032
    滋賀県草津市大路1丁目15番5号
    ネオフィス草津5階
    大津法律事務所

    アクセスはこちら

    • 大津法律事務所 OFFICIAL SITE 事務所サイトはこちら